がんワクチンの研究に成功

 子宮頸がんにも抗体があるように、各々の癌にも抗体があります。そして、その抗体は当研究所にしかありません。
 そんなものあるわけがないと言う学者や研究者の方々がおられるのは承知しております。
 それを当研究所で証明、そして発表して参ります。
私たちの研究結果では、マウスは高確率で、癌になりませんでした。これはワクチンに成功したことを意味し、ワクチン投与後のマウスを調べてみると癌の抗体ができていることが判明いたしました。私たちが43年かけて実験を続けてきた結果です。
 癌の抗体が出来たことから、私たちは『がんワクチンharada』と名付けました。
 がんの抗体は2〜4年を境に減少することがわかっております。つまりこの癌ワクチンharadaを注射すれば2~4年は癌にならないということです。
今後は、必要な方々にご提供し治験していきたいと考えており、安全が確認されましたら実用化していく所存です。
 現在、米国から開発製品化のお話が来ておりますが、一人でも多くの命を救う為に今後も更なるパートナーを募ります。
 是非一度がんワクチン優先無料予約利用券を手に入れてください。数に限りがあります。

現在、弊社では、開発したがんワクチンharadaが臨床試験前となっております。
臨床試験が出来なければ新薬と新ワクチンと認めてもらえず沢山の尊い生命が救えなくなります。
どうか貯蓄と給与と時間を投げ出して開発してきたことをご理解いただきご支援くださいますよう宜しくお願い致します。

新着情報

一覧を見る